Sunday, 28 March 2021

Essay on My Pet Dog in Japanese Language

Essay on My Pet Dog in Japanese Language : 犬は素晴らしい誠実で忠実な愛玩動物です。子供たちは犬と遊ぶのが大好きです。以下のエッセイでは、ペット動物の犬について、その資質や特徴を述べています。私のペットの犬についてのエッセイ

Essay on My Pet Dog in Japanese 私のペットの犬についてのエッセイ

ペットは単なる動物ではなく、私たちと一緒に暮らしています。私たちの家族の一員であり、私たちを癒してくれる存在です。私はずっとペットが欲しかったのですが、昨年の夏、母が子犬を買ってきてくれました。

今まで見たこともないような可愛くて美しい子犬だったので、世話をするのは私の役目になりました。それは適切な品種で、高価な繁殖の証である柔らかい足をしていました。私たちは新しいゴールデンレトリバーをBrunoと名付けることにしました。

ブルーノは金色の毛と長い耳を持っていました。彼の目はいつも楽しげで、喜びの塊のようでした。彼の黄金色のコートは、私たちの芝生の上を走り回ると、太陽の光で輝いていました。彼はローストチキンとドッグフードを食べるのが大好きでした。夜になると、私のベッドで私の隣に寄り添って眠りにつきました。

父はBrunoのために小さな寝床を作っていましたが、彼がそこで寝ることはありませんでした。彼は夜、私の隣で寝るのが大好きでした。Brunoは活動的な犬でした。散歩が大好きで、1日に2回はグラウンドに連れて行っていました。私の友人たちの間でもBrunoは人気者になり、彼らはBrunoをとても可愛がっていました。

犬は最も忠実な動物ですが、Brunoも例外ではありませんでした。彼は私たちのことを匂いで知っていました。Brunoは私の母をとても愛していました。母が仕事を終えて家に帰ってくると、Brunoは母に飛びついて顔を舐めていました。彼が望んでいたのは、頭を少し撫でてもらうことでした。私の母は彼の首を愛情を込めて掻き、Brunoはその注目を浴びていました。

彼は家族の中でも人気者でした。私たちはBrunoを他のメンバーと同じように扱い、どこに行くにも連れて行きました。ときにはドライブに出かけることもありましたが、Brunoは車に乗るのが大好きでした。風で毛が乱れると嬉しそうに吠え、暖かい日差しを楽しんでいました。

ブルーノは私の弟をとても大切にしていました。ジェスが生後2か月になったばかりのときに出会い、ふたりは心を通わせていたのです。ブルーノはジェスが寝ているときも見張り、誰にも触らせませんでした。当初、母は犬をジェスに近づけることに不安を感じていましたが、ブルーノのジェスに対する思いやりを見て、ブルーノを止めませんでした。

ジェスはブルーノを決して恐れませんでした。ジェスをブルーノの背中に乗せて、ブルーノがジェスを家の中で抱っこするんです。二人ともとても幸せそうで、Jessはしおらしく笑い、Brunoは幸せそうに吠えました。ジェスは彼の毛皮を撫でてやり、ブルーノは彼のベビーベッドの横に寄り添っていました。

ペットの世話をするのは難しくなります。ペットの世話をして、定期的に獣医さんに診てもらわなければなりません。ダニや皮膚の感染症にも気をつけなければなりません。ペットを飼うことには多くの責任が伴いますが、私たちはそれを果たし、ペットのために最善を尽くさなければなりません。


SHARE THIS

Author:

Etiam at libero iaculis, mollis justo non, blandit augue. Vestibulum sit amet sodales est, a lacinia ex. Suspendisse vel enim sagittis, volutpat sem eget, condimentum sem.

0 comments: