Friday, 26 March 2021

Essay on My Father in Japanese Language

Essay on My Father in Japanese Language: 私の父の名前はManoj Mishra。職業はビジネスマンです。父は自分の仕事にとても情熱的ですが、子供たちに同じ仕事をさせることはありません。私の父は、とても優しくて愛情深い人です。

Essay on My Father in Japanese Language

私の父の名前はManoj Mishra。シムラー近郊の小さな村で生まれました。2人の兄と1人の妹がおり、4人兄弟の中では長女です。親である母親と父親は、子供を育てる上で独特の役割を持っています。父親は家族の中で非常に重要な役割を果たしています。家族のためにパンを稼ぐのは父親であることが多い。また、一家の長であるとも考えられています。

私の父は、職業としてはビジネスマンです。コーチングの研究所を経営しています。父は自分の仕事に非常に情熱的ですが、子供たちに同じ仕事に就くことを強要することはありません。父は、私たちが夢を追うことを奨励しています。私たちが自分の情熱や興味のある分野を見つけられるように、常にサポートし、指導してくれています。父は、私たちが家業を継ぐのではなく、自分の野心を追求することを全力で応援してくれます。

私の父は、とても優しくて愛情深い人です。しかし、私たちを律するために、時には厳しく指導してくれます。私たちのどんな小さなニーズにも気を配り、経済的にも精神的にも必要なときには家族の誰もが助けられるようにしています。彼は私たちが快適に過ごせるように容赦なく働きかけ、私たちがアドバイスを必要とするときはいつでも最善の利益を考えてくれます。彼は、自分の経験や子供の頃から学んだ価値観を共有することで、いつも私たちを助けようとしてくれます。彼は、自分が人生で直面したことや、それをどのようにして克服したかについて、常に私たちに教えてくれます。彼は自分の業績だけでなく、欠点も教えてくれるので、そこから学ぶことができます。父は私の大好きな人であり、私の人生のロールモデルです。

私の父はとてもフレンドリーな人です。私は父と良い関係を築いています。私は日々の問題をすべて父に話します。父はいつも私の面倒を見てくれて、私が必要とするときにはいつでもサポートしてくれます。父はとてもシンプルな人で、規律と美徳と平和を重んじる生活をしています。慌ただしい毎日の中でも、家族と過ごす時間を大切にしています。私たちはよく一緒に遊び、彼は私にバドミントンのやり方を教えてくれます。暇さえあれば料理をしています。パスタやチキンカレー、ビリヤニなど、私の好きな料理を作ってくれます。父はいつも母の台所を手伝い、朝食の準備やお弁当を作ってくれます。

父は私に人生の倫理とエチケットを教えてくれました。これは私の将来に必ず役立つことでしょう。父は私たちに、謙虚であること、困っている人を助けることを教えてくれます。また、健康的でバランスのとれたライフスタイルを説き、自らもヨガを実践しています。父は私のヒーローです


SHARE THIS

Author:

Etiam at libero iaculis, mollis justo non, blandit augue. Vestibulum sit amet sodales est, a lacinia ex. Suspendisse vel enim sagittis, volutpat sem eget, condimentum sem.

0 comments: